Salesforceを人材紹介会社に導入してもたらされるメリットとは?

人材紹介会社にとって、複数人のコンサルタントで仕事を回している場合、キャンディデートやクライアントの管理にはシステムを活用することが必要不可欠になってきます。

その時にどのシステムを選ぶかは、会社の業務効率を大きく左右します。

システムには大きく分けて2つのタイプのシステムがあります。
業界の業務に特化した、パッケージを中心としたシステムと、もう1つは幅広い業務にも応用が利く、汎用性が高いシステムです。Salesforceは、後者のシステムに該当します。

本記事ではSalesforceの特徴を順に述べて、なぜ人材紹介会社で相性が良いのかを解説します。

Salesforceと人材業務特化型システムとの違い

Salesforceと人材業務特化型システムの一番の大きな違いは、会社全体の視点で見た時に業務効率化につながるか否か、という点です。

Salesforceの方が、間違いなく業務効率化につながります。
確かに「人材紹介業務」そのものに限って言えば、人材業務特化型システムの方が効率的に作業ができるかもしれません。また法改正などにも対応しています。(Salesforceは汎用的なシステムなので対応していません。)

ただ、人材紹介で必要な業務に対応する機能のみを盛り込んでいるということは、
裏を返せば、シンプルだが業務対応範囲が狭いということです。
他業務との連携はなく、会社全体として見るとデータが業務ごとに別々に管理されている状態になり、結果的に非効率になってしまいます。

一方でSalesforceは会社全体の業務効率化のツールとしてのシステムであり、その主たる業務が人材紹介会社の場合は人材紹介業務である、という位置づけです。
データはSalesforceで一元管理されているため、あらゆるデータはSalesforceの中に入っておりデータを探す手間はかかりません。

人材紹介会社がSalesforceを使用するメリット

1.キャンディデート/クライアント管理について→見込管理ができる。

Salesforceの一番の特徴は既存顧客だけでなく見込顧客を管理し、かつアプローチができることです。
具体的には、転職活動が活発な「今転職したい人」だけではなくこれから転職を考える人、魅力的な転職条件があれば考えるというある意味受動的な人に対しても、継続的にアプローチできる仕組みがシステムに組み込まれています。
企業に対しても、これから営業をかけて攻略したい先や、今はないが以前案件をいただいた先にアプローチをかけていくのに有効です。
さらに、Salesforceと一体型のマーケティングオートメーションツールである「Pardot」を活用することで、よりアクティブなアプローチが可能になります。

2.他のシステムとの連携→柔軟性が高い。

他のシステムとの連携についても、Salesforceは接続アプリケーションを作成すれば対応しやすいツールです。
世界トップシェアを誇るCRM/SFAサービスであるがゆえ、人材業務特化型システムと比べると非常に柔軟性が高いです。

3.レポート機能→充実している。

充実したレポート機能はSalesforceの大きな特徴です。
登録されたデータをリアルタイムで指定した形式で表示し、業務に合わせた条件で抽出・集計・分析することが可能です。さらに様々な形でグラフ化してデータを視覚的に表示することもできます。

一方で人材業務特化型システムもマッチング以降のフェーズ別プロセス件数などレポート作成は可能です。ただ限られた指定の切り口でしか集計・表示ができないものが多く、データ分析を行いたい場合にはやや不向きと言えます。

4.会社のあらゆる業務に活用可能→カスタマイズにより幅広い業務に対応できる。

人材紹介業務だけではなく、社員データと紐づけた形での業務時間記録、スケジュール管理、経費申請、人事評価/営業成績管理や、契約書申請・管理、稟議・決済、社員採用管理などに活用できます。

社内の様々な情報を一元管理することができるため、あらゆる企業活動を効率化。結果、売上向上に繋げていくことができます。

人材紹介会社のSalesforce導入事例と現場ユーザー(人材紹介コンサルタント)の生の声

人材紹介会社のSalesforce導入事例

アクシス・コンサルティング株式会社様が実際にSaleforceの導入成功事例としてSaleforce社のHPに取り上げられております。

具体的には、人材情報を一元管理し、今まで十分にできていなかった”求職者を中長期的にフォローすることによる一種の「囲い込み」”を図ろうという取り組みをSalesforce導入を機に行われました。

それを実現するのに必要なメール配信業務を、連携システムであるPardotを活用することで
配信業務の効率化導入前の約1/3の時間で完了)、返信率の向上導入前の約4倍)につなげていらっしゃるようです。

現場ユーザー(人材紹介コンサルタント)の生の声

前職で人材業務特化型システムを使っていた弊社コンサルタントから聞いた言葉です。

「人材紹介特化型システムはパッケージありきで、そこで自分たちが必要とする部分だけ使用しており、他の部分は別のツールで管理していました。
Salesforceはまず業務ありきで、それに合わせてSalesforceをカスタマイズしています。
そのため、Salesforceを導入すると業務フローやオペレーションの変更が発生しますが、結果的に業務の効率化とサービスレベルの向上に繋がっています。」

まとめ

~弊社なら人材紹介会社に最適なSalesforceパッケージを短期間・安価でご提供可能です!~

弊社ではそのSalesforceの特徴を生かし、自社の業務に合わせる形でカスタマイズを行い10年以上にわたり、Salesforceを使い込んできました。
そして上記のように今や、ありとあらゆる業務において活用しています。

そして、その中で必然的に「人材紹介業務」に最適化されたSalesforceのパッケージともいうべきものが出来上がりました。

もしあらゆる業界、業務に柔軟に対応できるSaleforceを導入し、一からカスタマイズして自社の業務に合わせようとすれば、それには膨大な時間と費用がかかります。

ですが、弊社では時間・費用を抑えたアプローチで業務効率化をサポートいたします。
人材紹介、人事管理それぞれの領域に関してのパッケージを、既にご用意しています。

ご提供可能なパッケージ一例

【無償公開中】人材業界におけるSalesforceの活用法、活用事例紹介


Salesforceはモジュール毎に導入ができるため、まずは小さく始める(=安価に)ということが可能です。そして数か月という比較的短期間でスタートできます。

ご相談~導入範囲決定~導入、そして導入後の伴走まで、御社のビジネスを最大化・効率化するためのサポートをしっかり行っていきます。ぜひ、弊社にお気軽にご相談ください。

サービスに関する質問、その他疑問・お問い合わせなど
お気軽にお寄せください!

毎月5社限定
Salesforce無料相談会

Salesforce無料相談会を実施しております。
「Salesforce導入を検討している」
「導入したが定着しなくて困っている」
「いまいち使いこなせておらず、もっと活用したい」
そんなお悩みをお抱えの方は、お気軽にお申し込みください。

この記事を書いた人

アバター

佐々木 敬太郎

青山学院大学文学部卒。SIerにて金融システム開発、商社受発注システム開発に従事。その後、小売業にて採用教育等の人事、システム管掌役員として会社組織の運営全般に携わる。コトラではDX業務設計、セールスフォース導入支援、メディア運営を担当。